☆使用機材☆

ベースはキラーのプロトタイプ。
メイプルネック、ブラスナット、ゴトーのブリッジ、ミュージックマンタイプのダンカンのPUの2ハム、スーパーロングスケール。
シースルーの黒でオフセットの色っぽいボディ。
弦はDRのステンレスのを使っていたと思う。
写真、左端のもの。

チューニングはこのアルバムから1音下げのドロップD。
都合2音下げ。
スーパーロングスケールはローチューニングでも綺麗に音程が出ます。

アンプはピービーとマーシャルの2台鳴らしてミックス。
マイクはゼンハイザーのクジラ。

大間知さんが持って来てくれた当時新製品のMXRのDI+を使用。
ファンタムで電源入れっぱなしにしてたら2日ぐらいで壊れて、慌ててイケベに頼んで新品を送ってもらったりしました。
そんなこんなで録りが押したのもあったな。

ケーブルは大間知さんに借りたピートコーニッシュ。
高級品。
自分じゃ買えないぐらいの奴。
ギターアンプも大間知さんに借りたボグナーなんかも使ってました。

エフェクトはモーリーのワウ、ソバットのドライブ、ソバットのフェイザー、アイバニーズのアナログディレイ、
マクソンのアナログディレイ、グヤトーンのチューブドライブなど。
サッキーが持って来たテープエコーとムーガーフーガーのリングモジュレーターも使ったような使ってないような、、、

10曲目のイントロではギターを、7曲目ではキーボードを弾いたりもしてます。
鍵盤は安物のMIDI鍵でコルグの05RWの音源に入れたものをサンズアンプで歪ませて
フェンダーのポケットギターアンプで鳴らして録ってます。